うつ病の理解を深めてみんなが暮らしやすい世の中にしよう

治療方法

うつ病というのは、治る病気です。そのため、自分や周囲の人が発症してしまったからといって落ち込む必要はありません。しっかりと治療に取り組めば、再び今までどおりの楽しい生活を送ることが出来ます。
うつ病の治療というのは、大きく3つの方法に分類することが出来ます。
では、どういった治療なのか?特徴と一緒に紹介します。

●薬物療法
最もポピュラーな治療方法です。うつ病には様々な種類があり、それぞれで現れてくる症状というのは違います。しかし、基本的には脳内の神経伝達物質がうまく行かなくなっていることが原因です。
うつ病に用いられる薬と言うのは、抗うつ薬と呼ばれるものです。気分を落ち込ませる物質を阻害することで、うつ症状を抑えます。

●認知行動療法
自分の行動やその時の感情を書き記し、自分の考え方を再認識します。そして、他の考え方を一緒に考えて、思考方法を改善していくというものです。そうすることで、抑うつ症状が現れにくくなります。

●対人関係療法
うつ病患者の中には対人関係が原因で発症してしまうことがあります。こうしたことが原因となっている場合には、患者同士で集まり、コミュニケーションを取るようにします。そうすることで、コミュニケーション能力が自然と高まり、対人関係が築き上げる方法を自分で見つけます。

このように、うつ病でも様々な治療法があります。1つの方法だけではなく複数を組み合わせることが多いです。
すぐには効果が現れませんが、続けることで必ずうつ病は治ります。