うつ病の理解を深めてみんなが暮らしやすい世の中にしよう

症状

うつ病は心の病です。うつ病の種類によっては体の表面に症状が現れることもありますが、必ず現れるというものではありません。そのため、自分でも周囲の人でも気づきにくいケースが多いです。

うつ病というのは「今日から」というように症状が現れた具体的な日を示すことは出来ません。いきなり症状が現れるというよりも、徐々に症状が現れてくることとなるので、気づきにくいのです。そのため、自覚することが出来ません。

また、うつ病を発症する年齢で多いのは、20~30代などの働き盛りです。
こうした人達は、毎日の仕事でプレッシャーが与えられてストレスを感じています。しかし、毎日のことですし仕事のことなので、そのまま気づかずに放置してしまうケースがあります。

ただ、うつ病を放置しているとどんどんと症状が悪化してしまいます。
症状が悪化してしまえば、仕事へ行くことも出来ない、家から出ることも出来ない、何をする気にもなれない…というように、どんどん生活が変わってしまいます。
症状が悪化してから治療をすると、時間も費用も必要になります。短期間で再び健康的な心身を取り戻すためには早期発見早期治療が大切なのです。

本人がうつ病であることに気づかなくても、周囲の人が気づいてあげることで、早期発見早期治療することが出来ます。
では、どのようにしてうつ病であるか判断すればよいでしょうか?ここでは、うつ病のサインについて紹介します。

家庭内では、元気がない、食欲が低下した、趣味にも興味がなくなってしまったという場合です。職場では、ミスが増え、ぼんやりしている事が多い、いらいらすることが多いという場合です。